不動産オーナーになること

マンション

サブリースは一般の社会人にとって身近な不動産ビジネスのモデルと言えるでしょう。ただ参入をしやすい分、十分な知識を身に着けるとともに、あくまでご自身が主導権を持つというスタンスを忘れないことが重要です。

詳細を確認する...

業者に物件を貸すやり方

握手

増える建築物と少子高齢化によって、将来的に空部屋が増えると予測されています。それによって不動産投資の勢いが衰えるリスクがあるのです。ですが不動産業者がサブリースを請け負っていれば、空部屋が生じても業者から収益を得る事が出来ます。

詳細を確認する...

経営を破綻させないために

男性

成功する賃貸経営にはそれなりの理由があります。それは、いかに市場動向を理解して、自分の物件がこれからのニーズに見合っているかを理解していること、そして安定した収入を得るために安易な入居を促していないかということです。

詳細を確認する...

不動産投資で安定収入

魅力的な不動産投資

不動産

不動産への投資となると大きな資金が必要になるというイメージがありますが、アパート投資なら普通のサラリーマンでも十分に投資が可能です。銀行に預けておいても金利は大して期待できませんし、株式や外国為替は変動が大きく日々の情報収集も大変になります。その点、アパート投資なら、比較的安定した利益が望め、長いスパンで余裕を持った資金運用が可能です。アパート投資は自己資金が数百万程度から始められます。ローンですべての資金を賄うこともできますが、安定した資金運用を考えるのならある程度自己資金が集まってから始めることをおすすめします。地方のアパートなら1000万円程度の資金でアパート投資に向いた優良物件を見つけることができるので、一般のサラリーマンでも十分に現実味がある投資対象です。

資産と家賃収入

アパート投資は物件が資産としての価値を産み出し、家賃収入も見込めます。物件を資産として家族に残すこともできるので、長期間利益を見込むことができます。アパート経営は管理費などのコストも必要になってきますが、必要経費として差し引くこともできます。アパート投資は建物は減価償却でゼロになり、土地はそのまま資産として残ります。マンションの一室を不動産投資の対象として購入し、賃貸として貸し出すケースと比べて、最終的に土地といいう資産が残るアパート投資のメリットは大きなものがあります。同じ程度の自己資金からでも、アパート投資ならより安定した家賃収入が見込めます。アパートの遠隔地投資のサポートを謳った業者が増えているので、都市部の投資家でも地方のアパート投資が可能になっています。